院長紹介

姿勢スペシャリストの想い

院長
院長 井村明弘
1978年3月生まれ
2000年 南山大学卒業
人を助ける仕事がしたいと理学療法士の道へ
2006年 理学療法士取得
もっと自分にできることがあるのではと柔道整復師の道へ
2011年
  • 柔道整復師取得
    病院リハビリ(入院・外来)
    老人保健施設(リハビリ科副主任)
  • 通所リハビリテーション
    通所介護(施設長)
  • フィットネス施設(リハビリ指導)
    接骨院(院長)

これらの経験を得て、姿勢の天才!を開設しました。今後も治療理論の構築を基に医療、介護、福祉に役立てるよう精進してまいります。

【当研究所を開設した理由】

なぜ?みなさまのからだを改善させるための研究を「中止するように」と命令されたのでしょうか?

わたしが病院で勤めていた時の上司からの命令でした。そもそも、理学療法士になりたいと考えた理由は、少しでもみなさまの悩みである「痛み」や「痺れ」から、からだを解放させてあげたいと思ったからです。

しかし、実際は、有名な先生の施術や病院のリハビリでも、ほとんど治っていない・・・この現状に直面し、病院で昼夜を問わず研究に没頭しました。

その研究に基づき、多くの患者さんを笑顔にすることが出来るようになりました。とても、うれしかったし、やりがいもありました。

しかし、いつしか、わたしの研究実績は、入院患者さんの噂として病院内に知れ渡り、医師やリハビリスタッフにも注目されるようになりました。わたしの施術を「指名」したいという患者さんが増え始め、医療関係者間に差が生じ始めたのです。

今になってみると、病院側は組織として、施術に大きな差ができ、調和が取れなくなるのは困ります。だから、「勉強するな」という命令になったのも理解できます。

そして、もうこれ以上患者さんに迷惑をかけてはならないと、開設に向けて動き始めたのです。

色々ありましたが、今では良かったと思っています。好きなだけ研究ができるし、納得がいくまで施術することができるようになったのですから!

今までとは違う「姿勢」という視点から、「一緒に」改善に向けて、未来に向けて取り組みましょう!!

■ 「姿勢スペシャリスト」紹介

国家ダブルライセンス

国家ダブルライセンス
国家ダブルライセンス

院長は全国的にもわずかな国家ライセンスを複数保有しています。これにより、様々な視点から安全な施術を構築することができるようになりました。必ず、「国家資格」を持つ臨床家の施術を受けて下さい。